ファッション制作をする際にはまずイラストでイメージを描き起こしますね。

ファッションに興味があって、そのイメージが具現化できる人というのはイラストに描き起こすことが上手いです。

実際にそのようにしてイラストに描き起こせなければ実物のファッションとして作ることもできません。

そして元々関心の高い人というのは幼い頃から日々ノートにそういったイラストを描き続けている人が多いことでしょう。

でも現実問題、イメージを描き起こせても実際に型取りしたり服飾を作ることは別のスキルやセンスになってきます。

イラストは描けてもファッションは作れない、そんな人はイラストレーターを目指してみるのも選択の1つかもしれませんね。

魅力的なファッションのイラストが描ければそれだけでも道は開けます。

イラストレーターはキャラクターの衣装だけではなく、もちろん人物そのものや背景まで含めた総合的なビジュアルが必要ですが、

例えば専門学校に通えばそのようなスキルもすぐに身につけることができますし、

そもそもイラストレーターはキャラクターなどの実物を描くことには長けていても、

オリジナルのファッションを描くことは別のセンスになるので、そこで活躍する可能性は大いにあると言って良いでしょう。

選択は1つではありません。

あなたの才能を活かす手段について真剣に考察していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です