ファッション専門学校に入学するということ

cea22712fbd18b2578b9a23103a231dc_s

ファッション専門学校を検討されている方へ、服飾と共に歩んでいく人生について書いています。

あなたはなぜファッション専門学校へ通うのか? 高校卒業後、自分の進路を考えた時に、「自分の興味のあることを仕事にしたい」と思って状況し、ファッションデザイナーやコーディネーター、店舗の運営やバイヤーを目指して専門学校に通うという人が結構多いことだろう。
また大学卒業後、あるいは他の仕事を経て、改めて自分の興味・関心であるファッションへの情熱が高じて、より専門的に学ぶ、そしてできればその業界で働きたいと希望してファッション専門学校の門を叩いた人もいると思います。

どんな理由であれ、ファッション専門学校に入学しようと考えたこと、また今検討しているということが非常に重要なことです。それは「あなたの人生=ファッション」という結論ができあがっているのであり、これからファッション専門学校で専門的な知識やノウハウを身につけてこの業界で働いていくにせよ、就職はしなくてもここで学んだことを自分の人生のプラスにしたり、また学校に通い他の分野へ行くのもよし。ファッションに関わろうと考え、また決断したことが既にあなたの人生にとって有益な経験となることでしょう。

例えばファッションデザイナーを目指して入学すり人は、既存のブランドのデザインをしていくか、あるいはオリジナルのブランドを築いて売り出していくかの2通りを考えることになります。一旦就職するのであればまずは中小のブランドで経験を積むことになるでしょう。
ファッション業界を目指す人のほとんどは自分の憧れのブランド企業に就職したいと考えたり、有名なブランドのデザインを手がけたいと思うはずです。しかしそのような大手デザインは中途採用をとることがほとんどです。まずは社会的に通用する技術やノウハウを身につけ、自分のセンスが本当にそのブランドに合致するか、そしてそのブランドのオーナーがデザイナーとしてあなたを認めるかどうか。そのようなブランドで働けるのは世界でもほんの一握りになります。

ファッション専門学校に通うことで、自分が希望する業界や職種に必要なものが見えてきます。それがわかるだけでも入学した甲斐があります。専門学校と服飾学科の大学はそれぞれ違いがありますが、服飾について勉強をしたいだけなら大学の方が合っているかもしれません。ファッション専門学校はプロのための学校です。社会に出て即戦力になるため、あるいは最低限の知識・スキルを養うための場所なので、本気でファッション業界を志している人には素晴らしいコミュニティとなるでしょう。

ファッション専門学校に夢を求めて